医療法人ブレストピア

検査機器紹介

CT検査

当院が導入したCTスキャナ装置は、瞬時に細かく16断面(スライス)が同時に撮影できる世界最高水準のマルチスライス技術を搭載していますので、撮影時間の大幅な短縮が可能になり、最高レベルの検査が行えます。 頭部、胸部、腹部等全身の断層像(輪切り)や立体像(3D)の鮮明な画像が得られ、患者様は寝台に楽な姿勢で寝ていただき、安心して検査を受けていただきます。

CT検査

世界最大1800mmの広範囲撮影が可能です。
世界最大720mmφ口径、天板幅47cmで患者様に圧迫感を与えない大開口径で、
寝台最低300mm、床下30cmまで下がる寝台で、患者様の乗り降りが安全です。

撮影例

注意事項

・完全予約制となっておりますので、時間厳守でお願いします。

・予約変更は早めにご連絡ください。

・検査前日に当センターより、確認の連絡をとらせていただきます。

・検査時間は若干ズレることがあります。

食事についての注意

・午前検査の方は、朝食はとらないで下さい。 午後検査の方は、昼食はとらないで下さい。

MRI検査

強い磁石と特殊な電波の力による人体内部の構造を鮮明に見ることができる装置で、超電導磁石と高性能コンピュータを用いた最新の医用画像診断装置です。 頭部領域の小さな疾患や整形外科領域、腹部領域、循環器領域等の全身部位の診断ができます。
放射線を用いていないので、従来放射線をあてたくなかった部位の検査も安心して行うことができます。
検査はベッドに横になっているだけで体の向きを変えることもなく、検査による苦痛もありません。
特に乳腺、頭部、関節の検査などによく用いられますが、体内に金属などのある患者さんはMRIの検査を受けれません。

CT検査

注意事項

・完全予約制となっておりますので、時間厳守でお願いします。

・予約変更は早めにご連絡ください。

・検査前日に当センターより、確認の連絡をとらせていただきます。

・検査時間は若干ズレることがあります。

食事についての注意

・午前検査の方は、朝食はとらないで下さい。 午後検査の方は、昼食はとらないで下さい。

MRI検査の注意

・磁気が発生しますので、ペースメーカなど体内に金 属がある場合はお申し出ください。

RI検査

当院が導入したこの装置は、各種疾病の発見に威力を発揮するコインシデンス対応2検出器型デジタルガンマカメラで、放射性医薬品(RI)を人体に投与し、その分布状態を体外から検出しコンピュータを使用して、脳、心臓、肺をはじめとする全身各部位の血流量、代謝機能、および腫瘍の有無などを診断します。
患者様は横になるだけで、苦痛を伴わず安心して精密検査が受けられます。

撮影例

注意事項

・完全予約制となっておりますので、時間厳守でお願いします。

・予約変更は早めにご連絡ください。

・検査前日に当センターより、確認の連絡をとらせていただきます。

・検査時間は若干ズレることがあります。

食事についての注意

・午前検査の方は、朝食はとらないで下さい。 午後検査の方は、昼食はとらないで下さい。

MRIの注意

・磁気が発生しますので、ペースメーカなど体内に金属がある場合はお申し出ください。

骨塩量測定

X線と最新鋭のコンピュータにより骨の密度を測定する検査で、現在注目されている骨粗しょう症の診断に有効です。 極めて少ないX線を利用しているので、女性の方でも安心です。
着衣のまま仰向けにベッドに横になるだけで痛みもなく簡単に測定でき、とてもスピーディに検査できます(測定する部位により異なります) 検査データは保存されますので、定期的な検査で正確な診断が行えます。

撮影例

骨に鬆が入り、腰痛や骨折の原因となる骨粗しょう症は、高齢の方、特に女性の方に多い病気です。

最近ではカルシウム不足などで若い方にも増えています。

初期には何の症状もなく、病気が進んで腰などが痛くなる前に早めの検査で発見することが大切です。

診断には、正確な骨密度の測定が必要です。

撮影例