医療法人ブレストピア

  1. HOME
  2. 治療実績・学会活動
  3. 論文・文献

論文・文献

発表
論文・文献名
内容
2016 新乳房画像診断の勘ドコロ(2016年9月8日刊行) 正常乳房と画像MRI
良性疾患 乳管内乳頭腫
良性疾患 葉状腫瘍
2015 RadFan乳癌BOOK2015 Breast Imaging (2015年6月30日発行 Vol.13 No.8 p67〜69) 「MR detected lesion:当院での取り組み」
中原浩
2014 Journal of Physiology and Biochemistry(10 August 2014/ISSN 1138-7548) 「Influence of human serum albumin of the bile acid-mediated inhibition of liver microsomal type 1 11β-hydroxysteriod dehydrogenase」
Yorio Maeda, Mayumi Funagayama, Akio Shinohara, Chihiro Koshimoto, Hidemi Furusawa,
Hiroshi Nakahara, Yukiko Yamaguchi, Tomokazu Saitoh, Takashi Yamamoto, Kansei Komaki
2013 Hormone and Metabokic Research(06 November 2013) p856〜861 「Influence of human serum albumin of the bile acid-mediated inhibition of liver microsomal type 1 11β-hydroxysteriod dehydrogenase」
 Yorio Maeda, Mayumi Funagayama, Akio Shinohara, Chihiro Koshimoto, Hidemi Furusawa,   Hiroshi Nakahara, Yukiko Yamaguchi, Tomokazu Saitoh, Takashi Yamamoto, Kansei Komaki
2013 臨床放射線(Vol.58 No.4 2013) 「MRガイド下集束超音波手術による乳癌局所治療」
 古澤 秀実
2012 乳癌の臨床(Vol.27 No.6 2012) p751(95)〜758(102):12月 「最小乳癌の検出,診断とその治療 -九州沖縄地区アンケート集計から-(駒木先生執筆)」
 駒木幹正、上尾裕昭、光山昌珠、大野真司、西村令喜、田中真紀、大友直樹、相良安昭、吉永康照
2011 Breast Cancer(2011, Vol.18, No.3, 152-160) 「MR and US imaging for breast cancer patients who underwent
conservation surgery after neoadjuvant
chemotherapy:comparison of triple negative breast cancer and other intrinsic subtypes」
 Hiroshi Nakahara, Yukiko Yasuda, Eiichiro Machida, Yorio Maeda, Hidemi Furusawa,
 Kansei Komaki, Mayumi Funagayama, Mayumi Nakahara, Shozo Tamura, Futoshi Akiyama
2011 医学のあゆみ (Vol.238 No.2 2011 7/9) 「乳房と生命を救済する超音波治療のポテンシャル」
 古澤 秀実、志戸岡 純一
2011 乳癌の臨床(Vol.26 No.2 2011) 「乳腺微小検体標本5,361例の検討-その情報特性・全割標本の対比を踏まえて-」
 駒木幹正、古澤秀実、中原浩、秋山太、坂元吾偉
2011 CANCER BOARD 乳癌 (3 Vol.4 No.1 2011) 誌上ディベート:術後化学療法の適応判断に際し、遺伝子発現プロファイルを検査すべきか?
「時期尚早である」とする立場から
 古澤秀実

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10