医療法人ブレストピア

乳がんについて

乳房に関する病気

 乳房には乳がん以外にもいろんな病気や症状があります。
若いから大丈夫というのは禁物です。
線維腺腫といって10代~30代にも起こりやすい症状もあるのです。
乳房になにか変わった症状が現れた場合には、かならず乳腺専門の医療機関で検査をしましょう。
自分で判断せずに、しっかり検査を行い安心しましょう。
ここでは典型的な乳がんや乳房に起こりやすい病気について説明します。

乳がん

1回の定期検診をうけることが早期発見のコツ

乳房の病気のなかでいちばん注意すべきなのはやはり乳がんです。最近では若い方も増加傾向にあります。腫瘤(しこり)をともなった乳がんの場合、皮膚が引きつれたり、えくぼのようなへこみや引きつれが起こるのが特徴です。乳首をつまんでしぼったときに、血性をともなった分泌がでるときには特に要注意です。また乳がんは乳腺が最も豊富な乳房の外側上方に発生することが多いので自己検診を行う場時には外側上部を入念にチェックするようにしましょう。定期的に自己検診をおこない、異常や変化がなくても年1回の定期健診を受けることが早期発見のコツと言えるでしょう。えくぼ症状や引きつれ、さらに凸凹した固いしこりに気づいたら必ず乳腺専門の医療機関を受診しましょう。

炎症性乳がん

30代〜40代にも最近増えている乳がん

頻度としては珍しいタイプの乳がんですが、しこりがなく痛みもないのに赤く腫れ上がるのが特徴です。乳房の表面の皮膚がオレンジの皮のようにざらざらして毛穴が目立つようになる。ただしこのように皮膚に症状が出るのは癌が相当進行している状態が考えられます。30代~40代にも最近増えている乳がんです。


パジェット病

50代〜60代の年配の女性に多いのが特徴

乳頭や乳輪に湿疹のような激しいただれができる。痛みやかゆみがないことが多いことも特徴です。皮膚湿疹と間違えることも多いが、れっきとした乳がんの一種で、癌細胞が乳頭に近い乳管にできる特殊な乳がんです。若い世代には少なく、50~60代の年輩の女性に多いのも特徴です。


乳腺症

乳腺の病気の中で、最も多い病気

乳腺の病気の中で、もっとも多いのがこの乳腺症という病気です。女性ホルモンに対する乳腺の過剰な反応が原因で張り感や痛みを感じます。また、腫瘤(しこり)ができたり、乳頭から透明の分泌が出る事もあります。生理前に症状が増強し生理がはじまると痛みがやわらぐのも特徴です。良性なのでとくに心配はいりませんが、乳がんとの鑑別が難しいので症状があるかたは、乳腺専門の医療機関で検査を受けてください。

線維腺腫

10代〜30代に起こりやすい良性の腫瘍

10代~30代に起こりやすい良性の腫瘤(しこり)。若い世代に多いので、ホルモンの過剰分泌が原因とされている。腫瘤(しこり)は丸く大きさは5mmくらいから3cmくらいまでさまざまです。なかには複数個の腫瘤(しこり)ができる人もいます。線維腺腫と診断された場合は乳がんに進展することはほとんどないので特に心配はいらないが、気になる場合には、マンモトームや外科的生検で摘出することも可能です。


乳線炎

乳腺に炎症が起きる病気

乳腺に炎症がおきて、痛み、皮膚が赤くなったり、膿がたまったりします。抗生物質を服用し、切って膿をだしたりします。



乳汁分泌

片側だけだと乳がんの疑いがあります

両側乳房からの場合は良性が多いですが、片側だけだと乳癌の疑いがあります。水様や乳汁のような分泌物のときは乳腺症など良性疾患によることがほとんどです。血液が混じっている場合は、乳癌の可能性が高いので、マンモグラフィ、エコー、乳汁細胞診、乳汁中の腫瘍マーカー(CEA)、MRIなどの検査が必要になります。