医療法人ブレストピア

乳がんについて

乳がんは増えている

日本における女性の乳がん発生率は欧米にくらべると1/4~1/5と比較的少ないとされてきました。ところが最近、日本でも乳がんの発生率が年々増加しています。現在、女性のかかるがんのトップになりました。いままで、上位を占めていた胃癌・子宮癌が早期発見・早期治療により近年著しい減少を見せて来ているためです。乳がんの発生は20代からみとめられ20代後半から増加し、40代の女性がいちばん乳がんが発見されています。つまり20代から「乳がん年齢」なのです。早期発見のためにもマンモグラフィや超音波をつかった乳がん画像検診を受診されることをお勧めします。20歳代でも気になる症状がある場合には、専門の医療機関で検査をすることが必要です。不安を抱えるよりもしっかり検査をして安心されることをお勧めします。でも、乳がんが一番かかりやすい癌だからといって、怖がる必要はありません。乳がんはかかりやすいけれど早期に発見できれば死にいたらない癌でもあるのです。

乳がんは増えている

現在のところ、決定的な予防法はありません。

乳がんは増えている

今や乳がんは女性のかかる癌のトップになりました。
やはり早期発見・早期治療が必要になってきました。
部位別年齢調整罹患率:国立がんセンターがん対策情報センターホームページより

乳がんは増えている

グラフを見てもわかるように乳がんの発生は20代からみとめられ、
20代後半から乳がんにかかる方が増えて、
40代がいちばん乳がんにかかる方が多いようです。
年齢別がん罹患率:国立がんセンターがん対策情報センターホームページより