医療法人ブレストピア

検査・診断・治療について

治療・手術について

乳がんの治療法には
手術、化学療法(抗がん剤による治療)、ホルモン療法(内分泌療法)などがあります。
近年、化学療法やホルモン療法が進歩したことから、手術主体の治療ではなく、
患者さんの病態に応じて、これらの治療法がうまく共働するように組み合わせて、
治療を行うことが多くなってきています。

治療について

患者さんの立場を考え、総合的な診断と治療を行います

 乳がんの治療法には手術、化学療法(抗がん剤による治療)、ホルモン療法(内分泌療法)などがあります。 この中で最も基本となるのが手術です。その理由は、身体の中にできた悪い細胞を一度に総て取り除くことが根治への近道であり、他の治療法を加えるにしても、手術によりがんの量を少しでも減らした方が、他の治療を成功させる確率が高くなるからです。しかし、最近は、乳がんの手術に対する考え方が変わり、化学療法やホルモン療法が進歩したことから、手術主体の治療ではなく、患者さんの病態に応じて、これらの治療法がうまく共働するように組み合わせて、治療を行うことが多くなってきています。

病気の程度に合わせた治療法

 患者さんの病気の程度を考えながら、手術法や組み合わせる治療法を決めます 実際に行う手術法(乳房切除術、乳房温存手術)や組み合わせる治療法は、しこりの大きさや拡がり、悪性度、リンパ節への転移個数などによって違います。 たとえば、がんが大きすぎて手術だけでは局所のがん細胞を取り除くことが難しいと考えられる場合や、大き目のしこりを小さくして乳房温存手術ができるかどうかを検討する場合には、手術前に化学療法やホルモン療法を行います(術前治療)。逆に、乳房以外のところに既に転移しているときは、最初に手術をすることもありますが、手術以外の治療法が主として検討されることになります。

乳房温存手術について

乳房の切除を行わず、
がんを治療したい
  乳房が女性のシンボルであるため、できれば乳房の切除を行わずに乳がんを治したい。と思うのは女性であればだれもが願うことだと思います。そこで、現在は早期で見つかった乳がん(2cm以内の腫瘤)で他に転移がない  乳がんは乳房を温存する手術が可能になります。但し、乳房にがんが残る可能性もあるため、乳房温存手術を行うか否かを判断するには、精密な検査を行いかなり慎重に判断する必要があります。当院では、乳癌病巣のひろがり、リンパ節および遠隔転移、全身状態、年齢、患者さん本人の意志などを総合判断し決定しています。

乳房温存療法は、乳頭と乳輪を残す手術で、
扇状切除術(quadrantectomy):乳頭を頂点とする扇形で乳腺を取り除く術式や、円状切除術(Probe Iumpectomy):安全域も含めて腫瘍部分から2cm離し切除する術式などがあります。 早期で乳癌が発見できれば、乳房を残す手術が可能となります。そのためには、精密な検診が検診が必要となります。

センチネルリンパ節生検

腋窩リンパ節郭清とセンチネルリンパ節生検

 これまで乳がんの患者様の手術では、脇のリンパ節(腋窩リンパ節)に転移が見られることが多く、ほとんど全ての患者様にきれいにリンパ節を摘出する腋窩リンパ節郭清という手術が同時に行われてきました。
 しかし、このようなリンパ節郭清を行うと、術後の上肢のリンパ浮腫や運動障害、知覚障害などの多くの弊害がありました。実際には腋窩リンパ節転移のない患者様も多く存在するため、不必要な腋窩リンパ節郭清を避けるためにセンチネルリンパ節生検という方法が考案されました。

センチネルリンパ節生検

センチネルリンパ節生検とは

手術の前に乳がんの近くにラジオアイソトープや色素を局所注射し、これを目印にして、手術中にセンチネルリンパ節を探しだして摘出し、がんが転移していないかを診断することをいいます。



腋窩リンパ節転移の診断結果と郭清について

センチネルリンパ節生検でがんの転移を認めない場合は、腋窩リンパ節に転移がないと考え、それ以上の腋窩リンパ節の切除は行いません(腋窩リンパ節郭清の省略)。
しかし、センチネルリンパ節への転移を認めた場合、腋窩リンパ節の郭清を行います。



センチネルリンパ節生検の適応にならない場合があります

①触診や画像診断で明らかなリンパ節転移がある方(腋窩リンパ 節郭清を行います)

②しこりが大きく、リンパ節転移が起きている可能性が高い方

③乳がんのセンチネルリンパ節生検をすでに受けている方
 (術前化学療法を受けている方、特にリンパ節転移があった場合)



当院のセンチネルリンパ節生検の流れ

  

超音波ガイド下穿刺吸引診



Q&A

センチネルリンパ節生検では、リンパ節をどれくらい摘出するのですか?
検査により検出されるセンチネルリンパ節は、数十個ある腋窩リンパ節の中から通常1~2個ですが、検出の結果によっては、3~4個の場合もあります。
センチネルリンパ節生検でリンパ節転移が無ければ、他に転移がないと判断していいのでしょうか?
一般的に他のリンパ節へ転移がある可能性が数%ありますが、通常の治療や経過観察を行うことにより、臨床的には問題がないと言われています。当院では、色素法とラジオアイソトープ法を併用する方法により精度を高めています。
色素法またはラジオアイソトープ法による副作用はありますか?
色素法は、インジゴカルミンという青い色素(染料)を使用します。副作用として、軽度のアレルギー反応と血圧上昇、徐脈等の循環器症状、悪心、嘔吐等の消化器症状が報告されていますが頻度としてはごくまれです。
また。注射方法により青い痕が少し残ることがありますが、通常数週間で体内から完全に排泄されます。
ラジオアイソトープ法は、放射性同位元素(RI99mTcという薬品)を使用します。副作用として、放射線を放出しますが、24時間以内にほとんど放射線を放出しなくなります。
腋窩リンパ節の切除(郭清)と比較して、どのような後遺症が残る可能性があるのでしょうか?
腋窩を切除すると20~30%の患者さんに上肢リンパ浮腫(手術した側の手のむくみなど)が起こる可能性が
あります。
センチネルリンパ節生検でリンパ浮腫は起こりますか?
センチネルリンパ節生検でも、リンパ浮腫を起こす可能性が稀にあります。但し、日常生活に支障をきたす様なリンパ浮腫は、ほとんど発生しないと言われています。
リンパ浮腫が起こらないように注意することは?
スキンケア(清潔・保湿)を心がけ,けがや虫刺されを予防するとともに,窮屈な衣服やアクセサリー,遠心力のかかる運動を避けることなども重要です。