医療法人ブレストピア

検査・診断・治療について

各検査のご紹介

マンモグラフィ検査

マンモグラフィ検査

マンモグラフィは乳房専用のレントゲン装置で、乳房を中を見えやすくするために、乳房をはさみ込んで(乳房に圧迫をかけて)撮影する特殊な装置です。

乳房超音波検査

乳房超音波検査

乳房に超音波をあてて、跳ね返ってくる音波を画像化して診断します。乳腺の発達は個人差がありますので、両乳房の検査を行い左右を比較して検査致します。

MRI・CT検査

MRI・CT検査

マンモグラフィは乳房専用のレントゲン装置で、乳房を中を見えやすくするために、乳房をはさみ込んで(乳房に圧迫をかけて)撮影する特殊な装置です。

血液検査

血液検査

乳癌の血液検査では、腫瘍マーカーとよばれる数値を測定します。


超音波ガイド下穿刺吸引細胞診針生検

画像ガイド下穿刺吸引細胞診針生検

超音波検査やマンモグラフィ検査にて腫瘤が発見された場合に、その画像の形が乳がんの可能性が高い場合には、超音波ガイド下の針生検を行います。

病理診断

病理診断

乳腺の病理組織を判定するのは非常に難しくかなりの医師の力も必要です。乳腺専門の病理の先生の診断が必要です。


骨塩量測定検査

骨塩量測定検査

女性に増えつつある骨粗しょう症を精密に診断することができます。